6_01.jpg

6_02.jpg

a002.jpg
「今日からおうちの壁の工事だ たのしみだね」


a003.jpg
「お兄ちゃん職人さんたちが面白いものを作ってるよ。
キリンさんみたい。」


a001.jpg「あれはね ボードスタンドといって型枠を組立てている時に風が吹いて倒れたりすることを防いだり建物の外に人が落ちないように安全対策の器具を取り付けているところだね、これなら職人さんたちも工事が安全に進められるね。」


6_07.jpg

ページの先頭へ

a001.jpg 「さあ一階の型枠の組立て工事が始まったね。 型枠工事は簡単に言うと内側と外側に型枠を建ててその間にコンクリートを流し込む為の「型(かた)」を作ることだよ。今職人さんたちが建てているものは『ガンバリボード』というものでこれを外側の型枠として使用するんだよ。」


a003.jpg
「ガンバリボード?面白い名前だね。でも型枠だからコンクリートが固まると外してしまうんでしょう?」


a001.jpg「実はそうじゃないんだ。確かに普通の型枠はコンクリートが固まると外してしまうね。そして外した後で断熱や外装の工事をする。ところが、このガンバリボードは外す必要がない。なぜならガンバリボードがそのまま断熱材と外装材の働きをするからなんだ。ガンバリボードは発泡樹脂の断熱材とアルミニウムの外装材が一体化した型枠なのさ。だから、後から断熱や外装の工事をする必要が無くて工事が早くなるという優れモノなんだよ。」


a002.jpg
「へえ、すごいんだね。おじいちゃん、それにしてもアルミニウムって硬いんだね。台風が来てもへっちゃらって感じだ。」


a003.jpg
「ほんとだ! アルミニウムってすごい すごい 超合金のお家みたいでかっこいい。」


03.jpg03.jpg

a002.jpg
「ところで外断熱って何?」



a001.jpg「外断熱とはね、家全体を断熱材が覆うことで、外気の影響を受けにくく、まるで魔法瓶ように温まったものを冷めにくいくくする仕組みなんだよ。 だからは冬は暖かく夏は涼しいお家になるんだね。 今年の夏は節電にもなるね。」


a003.jpg
「よかったぁ ぼく暑いのきらいなんだ。夜寝ててもいつもおへそ出して寝てるってお母さんに怒られてるんだ」



06.jpg06.jpg


6_13.jpg

6_14.jpg

6_15.jpg

6_08.jpg

6_17.jpg

ページの先頭へ

a003.jpg
「壁の型枠がだいぶできてきたね。職人さんたちがガンバリボードの裏側にいっぱいつけている物は何?」


a001.jpg
「あれは断熱セパレータというものだよ。 外と内側の型枠を固定するものだけど、コンクリート建物が出来上がってから固定していた金属の軸を躯体から抜くことができるから、外気温が金属を伝わって建物内部に影響することを少なくするんだよ」


6_21.jpg

6_18.jpg

a003.jpg
「1階の外の型枠ができあがったね。でもビニールのシートがかかってるから良くみえないや」


a002.jpg
「ビニールは建物が完成したら外してしまうらしいよ。これから基礎で見た鉄筋とGパネルで内側の組立てだね。」


6_16.jpg

6_20.jpg

5_33.jpg5_33.jpg

4_33.jpg4_33.jpg

ページの先頭へ

施工事例



子供たちの建築日記

コンクリートのおうちができるまで鉄筋コンクリート外断熱住宅(ガンバリ工法)
ぼくたちのお家を僕とお兄ちゃんでレポートします。