img_01.jpg


FRP製Gパイプは錆びる心配がありません。特に潮風の吹きつける海岸沿いでは金属製の鋼管に比べて非常に高い耐久性を有しております。また酸やアルカリにも強く、腐食しません。


同程度の構造力において鉄の半分の重さであり、設置する建築物への負担を軽減します。


FRPは金属を含まないため、電蝕による腐食や他の金属部品を腐食させる心配がありません。


FRP製Gパイプは絶縁性が高いため、万一の際の漏電や感電事故の防止に有効です。


樹脂に顔料を直接配合するので、色が剥がれることなく長持ちします。
また、混色する事で自由に色合いを変えることができますので、目的の色で製造できます。


穴を空けてボルトでジョイントでき、クランプも使用できます。また、長手方向のジョイントもありますので、目的に応じた形に組み建てできます。


目的に応じて当社FRP製品であるGパイプ(マル型・シー型)やGパネルを組み合わせて利用できます。 さまざま大きさ・強度の架台を作る事ができます。


FRPは熱硬化樹脂であることから、屋根の高温環境下でも強度低下が小さく、他の樹脂に比べて紫外線劣化も小さい(ボートやサーフボードに使われている)。



img_03.jpg

ページの先頭へ