住宅が密集している都心ではよく見られる立地です。都心部では地価が高いことから、近年狭小住宅のニーズが飛躍的に高まっています。
敷地を有効に活用し、狭さを感じさせない家つくりをめざしています。


足場なしでも工事できるオリジナル工法「外断熱ガンバリ工法」により、敷地ぎりぎりに建物を建てる事が可能になりました。都市部の貴重な土地を100%有効活用し、広い家を建てる事ができます。しかも鉄筋コンクリート構造は強度が高く、高層化にも最適で、屋上利用、エレベーター設置にも向いています。


ganbari_bot.jpg

湯島_003 - コピー.jpg

ページの先頭へ

33.jpg

ページの先頭へ


ガンバリ工法は足場を使わない施工法のため、これによって足場スペースが不要となり隣地境界線ギリギリに建物を施工することが可能となります。
狭小敷地の建て替えや、都心部の土地の有効活用に力を発揮します。


足場を使わないことで,現場周辺にゴミを散らかすことなく綺麗に工事ができます。また、足場シートのバタつき音などによる近隣クレームも減少します。



8988333.jpg足場を使わないので足場スペース不要

ページの先頭へ